電磁流量計、マイクロ波濃度計

電磁流量計

東芝

電磁流量計は、ファラデーの電磁誘導の法則を応用して、流量を測定する計器です。流路に配管して、流量に比例した微信号を得るための検出器と、検出器に励磁電流を供給し、検出器からの信号を増幅し、統一信号に変換する変換器から構成されています。電磁誘導を利用するため電気伝導性液体に限られますが、管路外から非接触で検出でき精度が高いため工業的に広く利用されています。

特長

◇可動部、管内への突起物がなく、高信頼性での流量測定ができます。

◇圧力損失がなく、高効率の配管が実現できます。

◇口径2.5~3000mmまでラインアップ。

◇排水などの非満水状態でも測定できる非満水形もラインアップ。

◇純水・液糖など低導電率流体及び高濃度スラリーを測定できます。

◇非接液電極形もラインアップ。

東芝 電磁流量計

マイクロ波濃度計

東芝

マイクロ波濃度計は、マイクロ波の伝播速度が被測定対象の濃度に応じて変化することを基本原理とした、「東芝独自のマイクロ波位相差方式」によって、管内に流れる各種液体の濃度をリアルタイムで測定する計器です。

特長

◇紙パルプ分野、建材分野、食品分野で実績があります。

◇管内の汚れの影響を受けにくい位相差方式を採用。

◇流速に影響されない測定。

◇可動部や管内の突起物がなく、優れたメンテナンスを実現します。