産業用インバータ


東芝

■東芝インバータ専門店


東芝 インバータ

概要

1.インバータとは
標準モータの回転を簡単に変えることの出来る周波数変換装置です。
工場やビルのいたる所で使われている標準モータに、インバータを接続するだけでOKです。

2.インバータは、こんな用途で使われています。
1.省エネルギー            
例えばエアコン。ファン用モータの回転速度を室温に応じて自由に変えて快適さを保ちます。

2.生産性向上  
搬送機械、木工・金属加工機械などのスピードをコントロールしてコストダウンします。

3.品質向上     
旋盤、研削盤などでは、高速回転が可能になり、研削する材質により最適な回転速度が得られ、
加工精度が向上します。

3.インバータの長所・短所
☆長所
1.効率良く可変速でき、省エネに最適。
2.標準モータを安価に可変速できるので、コスト的に有利。
3.屋外、水中、防爆、ブレーキなど、特殊モータにも適用可能。

4.始動電力が小さい。

5.変速範囲が6~80Hzと大きい。
☆短所
1.始動トルクが小さくなる。
2.運転時に独自の音が出る。
3.高調波・ノイズで、他機械に悪影響を及ぼす恐れがある。
(ただし、事前に対策すればOKです。)


ラインナップ
タイプ モデル 容量範囲
(200V・100V級)
容量範囲
(400V級)
高機能形 VF-AS1 三相200V入力 
0.4~75Kw
三相400V入力
0.75~500Kw
ファン・ポンプ用 VF-PS1 三相200V入力 
0.4~90Kw
三相400V入力
0.75~630Kw
空調専用 VF-FS1 三相200V入力
0.4~30Kw
三相400V入力
0.75~30Kw
多機能・小形 VF-S15 単相200V入力 
0.2~2.2Kw

三相200V入力 
0.2~15Kw
三相400V入力 
0.4~15Kw
高性能・小型・簡単 VF-nC3 単相100V入力
0.1~0.75KW

単相200V入力
0.1~2.2KW

三相200V入力
0.1~3.7KW
-


詳細はインバータ・ドットコムをご覧ください。