工場内絶縁診断作業

モータ(電動機)は黙々と働き、通常はおとなしく運転していますが、
実際は様々なストレスを受け、年々劣化が進行していきます。
特に巻線の絶縁は、モータの余寿命を左右します。


多くの場合、壊れて動かなくなってから
メンテナンスの重要性に気が付きます。
絶縁破壊が起きると、そのモータは壊れてしまい、
修復にも長期間を要するため、
ご使用の設備や事業全体に大きな影響を与えます。


ですから、長年ご使用されたモータは、絶縁診断とメンテナンスを
定期的に行うことが大切です。


また、長期間停止していた設備を動かす際にも診断が必要です。
モータ内部が吸湿して絶縁低下している可能性があります。
従って、再始動する場合は事前に確認が必要です。


「まだ動いているうちに」「停止していた設備を動かす前に」
ご相談ください。

車載型絶縁診断機を使用した作業

軸受振動測定作業

モータワニス処理

●絶縁診断

当社で行う「絶縁診断」は、パソコンによる自動測定です。
高精度の測定及び診断を実施します。また技術者による目視での
診断も行います。


モータの絶縁劣化状態を測定することで、
突発的な故障を防ぐための、適切な対応をとることが出来ます。

●軸受診断

ころがり軸受の診断を、経験豊富な技術者が最新の診断器を駆使して
行います。様々なパラメーターを読み取り、軸受に異常がないかを
チェックします。定期的に診断を行うことにより、
設備の突然停止を防止し大きな損害を未然に防ぎます。

●メンテナンス内容

電動機のメンテナンスが必要な場合は弊社協力工場に搬入頂き、
分解調査の上、必要に応じて下記のようなメンテナンスを行います。
  • ステータ及びロータコイル巻替
  • 各種コイル巻替
  • 楔制作及び打替
  • ロータバー緩み修理
  • 糸縛り縛り直し
  • 口出しケーブル取替
  • バインド線掛替
  • コレクタリング旋削加工及び新製
  • シャフト肉盛加工及び新製
  • ベアリングブラケットブッシュ加工
  • オイルリング新製、油切新製
  • ロータダイナミックバランス調整
  • 消音材張替

  • 新規に入れ替えるより安く、使い続けることも出来ます。
  • 故障を未然に防ぐことで、緊急事態を回避出来ます。
  • どんな大型モータでもご相談に応じます。
      DC、高圧(11kV、6kV 特電圧でも可)、巻線形など
  • メーカーフリーで当社認定の専門技術者が診断いたします。
  • メーカー対応でしっかり診断することも出来ます。
  • 始動盤・制御盤やインバータなどの周辺設備も含めて対応可能です。
  • 最新モータへの置き換えで省エネを図ることも可能です。

現在の電巧社 本社


1964年当時の電巧社 本社
「芝浦モートル」の看板

私たち電巧社は、産業用電気品のほか、
ビル用電気設備などを扱う電気の複合商社です。
モータの取扱いは、小型から大型まで含めて
1946年の販売開始から70年以上の実績があります。
1928年の創業以来、
主に「東芝ビジネスパートナー」として
メーカーやお客様とともに成長してまいりました。
おかげさまで、いまでは国内有数の一次代理店として
お客様をサポートさせていただいております。
大型モータのメンテンスをはじめたキッカケは、
お客様より、よくいただくご要望に、
「古い設備に使用しているモータをまだまだ使いたい」
というものがあったからです。
私たちのスタッフには、大手モータメーカーで
経験を積んだベテラン技術者が在籍しています。
お客様のモータを適切に診断し、最適なメンテナンスを
ご提案いたします。
もちろん、将来的な稼働を考慮した上で
新品購入のほうがよいと思われる場合は、
新品を提案させていただく場合もあります。
東芝製品に限らず、
お客様のお悩みを解決することを第一に、
懇切丁寧にご対応いたします。

当社 技術担当

ご相談は、このページ下の「お問い合わせメールフォーム」からお悩みの状況をご連絡ください。お電話でも歓迎です。

当社スタッフがメールを確認しましたら、

お客様のお悩みやモータの状態を、
お電話かメールでヒアリングさせていただきます。
もちろん、相談は無料です。

必要に応じて現場確認をさせていただき
ご提案とお見積を提出いたします。
※現場調査に費用が発生する場合は、
事前にご相談いたします。


お客様のモータ継続利用のお手伝いに携われれば幸いです。
ご相談お待ちしております。

個人情報のお取り扱いに関して

お客様から頂いた個人情報はお取引に必要な範囲内での使用、ならびに当社からのお知らせ以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

1. お問合せの内容について

必須お問い合わせ内容
必須 現場
(都道府県市町村
まで記入)
  1. 現場:都道府県
  2. 現場:市区町村

2. ご依頼のモータについて

モータの仕様

(例)メーカー、型式、容量、電圧、極数、シリアルナンバー

負荷機械名
製造年月日
(購入年月日でも可)
現在の稼働状況
お問合わせ詳細

ご要望の機器やお問合わせ内容についてなるべく具体的にご記入下さい。

銘版写真、試験成績表、外形図がある場合は、本メールフォーム送信後に
自動返信メールをお送りいたしますので、そのメールの返信に資料を添付してお送りください。

3. ご連絡先をご記入ください。
必須会社名
部署名/役職
必須お名前
※フルネームでご記入ください
必須フリガナ
必須郵便番号 郵便番号を調べる

例)1620021 半角数字・ハイフン無し

必須所在地
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地(ビル名)
必須メールアドレス

※半角英数。こちらのメールアドレスにご連絡致しますので、入力間違いがないかご確認ください。
必須ご連絡先 電話番号

例)03-1245-9865 半角数字・ハイフン有り

※詳しいご要望や確認事項を伺うためお電話させて頂く場合があります。
その場合も、無理な売り込みをすることは一切ございません。

必須個人情報保護方針
必須送信確認