トップランナー変圧器(TR)


東芝

■概要
省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)により高圧配電用変圧器が特定機器に指定され、エネルギー消費効率(損失)の基準値が設定されました。その基準を達成した変圧器がトップランナー変圧器シリーズです。エネ革優遇税制対象機器です。


東芝 トップランナー変圧器

1.トップランナー変圧器とは

トップランナー変圧器は省エネ法特定機器変圧器の「変圧器の性能の向上に関する製造事業者等の判断の基準」 (平成14年経済産業省告示438号)に規定する基準エネルギー消費効率以上の効率を達成した変圧器の呼称です。「トップランナー」の字句は省エネ法の省エネ目標基準を定める「トップランナー方式」に由来しています。

2.トップランナー方式とは

対象となる機器毎に基準値を設定し、達成目標年度を定め機械器具そのもののエネルギー消費効率を高めていくよう普及促進する政策です。トップランナー変圧器の基準エネルギー消費効率もこの方式で決められています。

3.トップランナー変圧器への切替

トップランナー変圧器は、省エネ法により油入変圧器が2006年度、モールド変圧器が2007年度の出荷より切替えが義務付けられています。

4.工場などで長年使用している変圧器を、トップランナー変圧器に更新すると、
大きな省エネ効果が得られます。


特長

低損失
高配向性電磁鋼板や磁区制御形電磁鋼板等の高性能低損失鉄心材料を採用し、大幅な無負荷損失低減を実現しました。

トップランナー変圧器 (S,EVシリーズ)の特長
約40%の損失低減により、大幅な電気料金の節約。
CO2削減により地球温暖化防止・地球環境保護へ貢献。
小形化によりキュービクル収納性を向上。


商品ラインナップ

■油入変圧器(S、EVシリーズ)

型式

容量

一次電圧

二次電圧

単相

HCR

SEVA1

10~50KVA

6kV

105/210V

SEVA2

75~150KVA

SEVA3

200KVA

SEVA1

300KVA

SEVA

500KVA

三相

HCTR

SEVA1

20、30KVA

210V

SEVA2

50KVA

SAVA2

75KVA

SAVA3

100KVA

SEVA3

150、200KVA

SEVA2

300、500KVA

SEVA3

750KVA

SEVA2

1000KVA

SEVA

1500、2000KVA

SEVB2

75~200KVA

242/420V(60HZ)、254/440V(60HZ)

SEVB1

300、500KVA

SEVB3

750KVA

SEVB2

1000KVA

SEVA

1500、2000KVA

 

■モールド変圧器(N、EVシリーズ)

型式

容量

一次電圧

二次電圧

単相

RC

NEVA1

10~500KVA

6kV

105/210V

三相

RCT

NEVA1

20~1000KVA

210V

NEVA

1500KVA

NEVB1

200~1000KVA

242/420V(60HZ)、254/440V(60HZ)

NEVA

1500、2000KVA