Pixy Eye logo

blank
space

pixy eye

見たことある映像を
見たことない手軽さで

 

近年、スポーツ番組などでよく目にする
360度”ぐるっと”回せる「自由視点映像」

 

手元のタブレットやスマホで
見たいアングルを自由自在に動かせる
まったく新しい視聴体験ツール
 

それが「Pixy Eye」です。

メディアに掲載されました!

産経新聞 2022年5月12日朝刊

360度視聴可能「自由視点」を携帯で

産経新聞 >  IT media NEWS >  livedoor NEWS >

展示会で撮影された方はこちら > 

会場を選ばないコンパクトさ
教育現場・教材づくりに最適
クルクル自分で触れる操作性

まずは、自由視点映像をお試しください!

<再生ボタンを押して、タップやドラッグで左右にまわしてみてください>

Pixy Eyeをご利用の企業・団体様

Master Visions導入実績

soccer

サッカー

サンガスタジアム by KYOCERA 様

ホームスタジアムに設置

music

モーニング娘。 ’21

ハロー!プロジェクト 様

CD特典映像としてご利用

その他、多くの企業様 

自由視点映像 Pixy Eye に興味をお持ちの方はいますぐ、お問い合わせください。

PDFをダウンロードいただけます

1営業日以内にお返事いたします

Pixy Eye

通常の映像とどう違う?

自由視点映像だからできること

 

karate

スポーツの駆け引きをあらゆる角度で。
新たな観戦体験深い分析を。

professor

熟練者の動きを多角的にアプローチ。
圧倒的情報量を伝える。

fashion

商品の動きや使い方をリアルに。
今までにないショッピング体験を創出

Pixy Eye

あなたなら どう使う?

スポーツ・エンタメをはじめ教育現場・教材にも最適です

baseball

スポーツ・格闘観戦

躍動感あふれる映像
観戦体験の価値を向上

live

エンタメ・ライブ観賞

顧客満足度の高い
新しい形の映像配信

boxing

トレーニング分析

フォームチェックや
専門性の高い教材に

runway

記念撮影・宣材動画

先駆的かつ斬新な
プロモーション戦略

hospital

教材・マニュアル

熟練技術者の技を
隅々まで映像化

試合などの配信
プレイの解説等
エンタメとして
ファンサービス
練習のチェック

遠隔のレッスン
教材等をつくる
スカウティング
審判などの育成
指導者等の育成
ライブコマース
フィッティング
個人発信ツール
個人の記録用に
アートの表現で
音楽とダンスで
オーディション
オークションで

自由視点映像 Pixy Eye に興味をお持ちの方はいますぐ、お問い合わせください。

PDFをダウンロードいただけます

1営業日以内にお返事いたします

自由視点映像を、お試しください

Coming soon

Coming soon

他の映像サービスとの比較

自由視点映像なら撮影対象をあらゆるアングルで視聴可能

俯瞰的/客観的な視点

Pixy Eye

自由視点映像

 

複数のカメラで撮影した映像をつなぎ
撮影対象を周囲から自由な視点で閲覧

自由視点映像
Pixy Eye

マルチアングル映像

 

カメラを様々な場所に設置・撮影
映像を切り替え、場面ごとに閲覧

 

マルチアングル映像

主観的な視点

360度カメラ

 

一人称視点で、周囲の映像を
360度見渡すことが出来る

360camera

VR(バーチャルリアリティ) 

 

“仮想現実”を指し、まるで自分の目で
周囲を見渡しているかのような映像

 

VR
Pixy Eye

3つの魅力!

Pixy Eye 魅力 ❶

会場を選ばないコンパクトさ
自由視点映像をもっと手軽に

企業や稽古場、スクール、店舗など、どのような規模でもご活用いただけます。

01

被写体の周りに
独自カメラを設置して撮影

 

独自の撮影・変換・配信システム
まずは、10~60台のカメラで撮影

01

02

撮影しながら同時に
自由視点映像を生成

 

複数のアングルから撮影した
映像を360度自由視点化

02

03

あっという間に
手元のデバイスへ

 

視点操作・ズーム・スロー再生機能で
どんなシーンも手にとるように視聴可能

03

Pixy Eye 魅力 ❷

自由視点ならではのスムーズな映像を
デバイスを問わずに閲覧可能

tv mobile

映像は高画質なまま、データの軽量化を実現。
そのため、PC・タブレット・スマホなど、様々なデバイスで閲覧できます。
もちろん、テレビ放送にも対応しています。

Pixy Eye 魅力 ❸

専用のWEBサイトにて
撮影した自由視点映像を配信できます

user

会員限定の配信サイトをご用意できますので教材や特典用の映像配信が可能です。
課金システムなどの機能も実装予定。映像は、自社HPなどに埋め込むこともできます。

pixy eye

まるで自由に飛び回る妖精から見た映像。
まったく新しい視聴体験です

Pixy Eye

導入までの流れ

01 お問い合わせ

本サイトのメールフォームよりお問い合わせください。Pixy Eye専門スタッフよりご連絡いたします。

02 詳細説明・ヒアリング

御社への訪問、またはオンラインにて、詳細をご説明いたします。お客様のご要望をお聞かせください。

03 お打ち合わせ・ご提案

ご要望に基づくご提案、導入に向けたお打ち合わせを行います。撮影機材常設のほか、出張撮影も可能です。条件によりテスト撮影も対応いたします。

04 導入 / 撮影

機材設置、撮影を実施します。撮影した映像は、WEBブラウザやアプリで視聴できるようになります。

Pixy Eyeは、このようなニーズを持つ方々に
お喜びいただいています

プロ選手や先生の
教材動画を配信したい

 

drummer
選手や生徒のフォームを
撮影・指導したい
karate
商品を撮影して
販促動画をつくりたい
fashion
新しい観戦体験や
試合分析を導入したい
kendo

自由視点映像 Pixy Eye に興味をお持ちの方はいますぐ、お問い合わせください。

PDFをダウンロードいただけます

1営業日以内にお返事いたします

私たちについて

Pixy Eye

MasterVisions 総代理店
 

denkosha

PixyEye 開発元
 

mastervisions
head office

電巧社ヘッドオフィス(東京都港区)

私たちは、MasterVisions 総代理店の株式会社電巧社と申します。

 

創業94年。電気のコンシェルジュとして、主にビル用電気設備を扱っています。

1984年からは、IT・映像機器の販売も開始し、現在はソフトウェア開発を手掛けるSI事業部にて、企業の業務効率化の支援等を行っております。


近年、スポーツ番組などで見かける自由視点映像。世界的なスポーツ大会で目にしたことがある、という方は多いのではないでしょうか。

この非常に先駆的な映像は、制作・配信するにあたり、高額な撮影機材の設置、高度なオペレーション、大容量データに対応した配信設備・ネットワークが必要です。


それゆえ自由視点映像は、企業や団体、チームで活用することは難しい状況でした。

studio

ヘッドオフィス Mシアター

「世界中の人に、人生を豊かにする圧倒的な体験を届ける」

 

Pixy Eye 開発元のMasterVisionsは、この言葉を目標に掲げ、独自の撮影・変換・配信システムを構築し、「PixyEye」を生み出しました。

どんな会場規模でも導入できる、最先端のサービスを作り上げたのです。


これから5Gネットワークが浸透していくことで、今以上に豊かな社会になるでしょう。
それと並行して、いつでもどこでも好きな映像を「Pixy Eye」で楽しめる未来を実現してまいります。


まずは、企業や団体様の新たなビジネスモデル創出のお力になれるよう、撮影機材から映像配信プラットフォームまでを用意し、あらゆるお客様のご要望にお応えしていきます。


弊社より無理な売り込みはいたしません。

ご興味をお持ちいただけましたら、気兼ねなくお問い合わせください。


まるで自由に飛び回る妖精から見た自由視点映像を、一度体感してみませんか。

自由視点映像 Pixy Eye に興味をお持ちの方はいますぐ、お問い合わせください。

PDFをダウンロードいただけます

1営業日以内にお返事いたします

denkosha